読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法をかけちゃうぞ

 

あのユニットのことを考えるたび「わたしの言及すべき範囲にはないんだな」という結論になる。

本当のことを言えば、今年の夏の終わりまでなにひとつ知らなかったわたしは、母体となる7人についてもどうこう言えるような段階にないのだけど、それにしたって4人のことは尚更のように感じる。

 

夕ご飯の時間は大抵バラエティを見ている家庭だからなのか、今年の夏以前に7人のパフォーマンスを見た記憶が、どう探ってもひとつもなくて、それがとても悲しい。

そんなわたしにも、スーツで歌って踊る4人を見た記憶はしっかりとある。学校祭などで使われていたのもあるけれど、おじゃマップの彼らにも見た記憶というものが存在している。「営業があるので」と先に帰った彼ら、そんなことまできっちり覚えている自分にびっくりした。

 

インパクト勝負なら、圧倒的勝利なんだろう。背の小さい最年長に落ちたはずのわたしは、しばらく4人の曲ばかり聴いていた。

目からの情報も耳からの情報も純粋に楽しくて、ただただかっこいいと思った。みんな歌がうまいことも衝撃的だった。あ、1人を除いて。(笑)落ちる前のわたしと彼らの、あってないような僅かな繋がり(記憶)も嬉しかったのかもしれない。

 

初めて知ったときも、そして今でも、そもそもこういった事務所に偏見のある層をこちら側に連れてくることの出来る、とてもかっこいい人たちだという認識は、わたしのなかでぶれていない。

 

Twitterで検索することで彼らの情報を得るようになって初めて、あのユニットに対する意見が人によってバラバラだということを知った。

どの立場の意見もよくわかるからなんとなく辛かった。ユニットが結成される前からアイドルとしての彼らを応援してきた方々が「お尻を叩いて踊る彼らを見たくない」と感じるのはごく自然なことだし、その一方、ユニットのおかげでこちらの界隈に落ちたひとが沢山いるというのも圧倒的な事実で。

 

わたしがこれから7人のことを5年応援しようが10年応援しようが、応援しはじめたときにはもうユニットがあった側であることは変わりがないので、認識もずっとそのままなんだろう。

 

なんだか色々なことが積み重なって、昨夜とてもとても久しぶりにラジオを聴いた。いつもなら好きなバンドの新曲が解禁されようが、なんとなくめんどくさくて聴かずに終わってしまうラジオを、彼らの新曲を聴きたい一心で、わざわざアプリをインストールまでして聴いた。そうでもしなきゃ未来の自分が後悔する気がした。今朝のWSもいくつか見ました。

 

新曲のリリースが決まったとき、ツイート検索で断片をなぞっただけでも、様々な意見を目にしたような気がした。検索しなきゃいいし、趣味なんて楽しむべきものなのに、なんでこう自分から傷付きにいっちゃうんだろうね。

それぞれの立場があって、そのグループと共に歩んできた歴史があって、好きになった瞬間の思い出があって、誰も間違ってなんかいなくて、それだからなんとなく余計に辛くて、オタクをするのにしんどいジャンルなのかもしれないなと、もう何百回と思ったことを改めて感じた。(笑)

どんな熱量でオタクをやろうと個人の自由だと思っているし、オタクとしてのスタンスを型にはめて強制されるのがすごく苦手なので「買わない○○担は××担じゃない(濁し)」という意見だけは、どうしても受け入れられないです。

 

はやく予約しなきゃなと思っています。コンサートDVDを受け取りに行ったときに、初回限定盤Aは予約したんだけど、欲しいのは初回Bと通常盤だったなと今更思っていて、もういっそ全形態買ってもいいかなという気分。WSで最年少にシャツのボタンを外されていた、料理と俳句が得意なアイドル、ベタベタなのにかっこよかったな。彼へのキュンに免じて初回Aも買っておこうか。これだからこの時期のリリース、お年玉狙いって呼んでる。(笑)

ロックバンドのオタクをしてきた身にとって初回限定盤は、発売週にCDショップに行けば絶対手に入るものでしかなかったので、予約で売り切れという文化に初めて触れて、少し焦っています。次いつ行けるかな。

 

わたしがCDを買うにあたっての意志と、売上枚数になんら関係はないです。それでも、特典DVDに自担が参加するから買うわけでもなんでもなく、純粋に欲しいと思ったから買うんだという想いだけは大切にしていたいな。誰に言い訳するでもなく、自分がそう思っていたい。

わたしに出来ることは、いいと思ったものにはお金を出す、というそれだけ。心が動かされるものを提供してくれるような予感がするので、お金を出すというカタチで応えたい。

実際フルで聴くのが楽しみで仕方ないし、MVを見ることにもわくわくしています。特典の合宿もね。相変わらずこれ以上ないんじゃないかという特典をつけてくれるから、気持ち良くお金を出せる。

こういう純粋な気持ちのときほど数字じゃない、っていう考えのはずなのに、1位をとってほしいと思うのはなんでだろう。

 

なんだか昨日今日と心を乱されることが多くて、テレビを見てガッツリ泣いたりなんかもして、どっと疲れてしまったな。思うことが多くて、残しておかなきゃいけない気持ちのような気がして、殆ど放置している3年日記を久しぶりに書き殴ってみたり。

アイドルって儚いから、好きなアイドルがアイドルをしてくれていることに全身全霊で感謝していたいなあなんて、そんなバカみたいなことを本気で思ったりもした。

 

7人を本当に最近知ったばっかりかつ、メンカラ赤のオタクが言及していい範囲にないことは百も承知だし「お前なんかにはわからない」と言われたら、そうですねと唇を噛み締めることしか出来ないような立場だけど、久しぶりに感情がぐちゃぐちゃなので、吐き出さずにはいられなくなってしまいました。

リリースの楽しみと、2016年が終わってしまう寂しさでなんとなく揺れています。

 

 

わたしは彼らに魅せられたいのだろう。魔法なんかじゃないけど、魔法のようななにかを信じたいのかもしれない。笑いながら泣いてしまうような、そんな魔法。ぱにたん。

 

彼らの想いが、ひとつのコンテンツとして雑に消費されることがありませんように。ひたむきな想いが出来るだけ多くの人に大切なものとして届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

北山くんに男性アイドルの魅力を提示されたことが2016年イチの誤算です

 

女性アイドルオタクをしている方々には男性アイドル北山宏光に落ちる素質があるのでは!と筆を取った(?)次第です。そもそも女性アイドルオタクの方がこのブログを読むとは思えないし、文章力の無さゆえに"北山くん"と44回(縁起の悪さ)言っております。よろしくお願いします。

 

 

2016年の1番大きな事件は「キスマイに落ちたこと」だ。誤算、というとマイナスな要素が少し強すぎるんだろうか。振り返って色々なことを考えると、プラスの要素の方が圧倒的に多いように感じる。キスマイという新たな光は、知らなかった感情を沢山教えてくれた。

 

2016年8月24日、その日の天気も体調も何一つ覚えていないけれど、2016年のとても印象的な日のうちのひとつになった。単純な話ではないけれど一言で言うなら、北山宏光に落ちた日、になる。

本当に落ちたのはもう少し先の話で、あくまでもその日は半日キスブサを見続けた結果、北山くん好きかもしれないと思って眠りについたに過ぎないのだけれど、自分の人生にストーリー性が欲しいうえに、運命とかいう少しこそばゆいフレーズも使いたいので、Sha la la☆Summer Timeのリリース日に落ちたということでいいかなと思っている。嘘は一切ついていない。

北山くんに落ちたと言えばいいのか、キスマイに落ちたと言えばいいのか、いつも少しだけ迷う。北山くんに落ちたというのが圧倒的な正解なのは間違いがないけれど。やっぱり北山くんがいなかったらキスマイを好きになることはなかったのが事実だと最近思う。でも北山くんがいるのがキスマイじゃなかったら、ここまでグループも愛せたかと言われたらそれもまたイエスとは言えないから、わたしはKis-My-Ft2がまるっと好きなんだろう。あと横尾さんがだいすきだな。そもそも落ちたという表現が的確なのかもわからないので、ここらへんはうまく濁していきたい。

 

 

北山くん、北山さん、キタミツ、みっくん、みったん。

北山くんは本当に色々な顔を見せてくれるアイドルだと思っている。そのままの意味でも、比喩としても。その時々によって北山さんと呼びたくなるときもあれば、みったん♡と呼びたくなるときもある。それなりに呼び名を使い分けているつもり、でもある。ちなみにわたしは、おみつと呼びたくなるときが多々ある。

暫くの間北山さんとしか言えなかったわたしは、彼をみっくんと呼んでみたかった。みっくんという4文字に、キラキラした砂糖のような甘さを感じて恥ずかしかったけれど。何故か周りの友人たちの方が先にみっくんと言い始め、わたしもみっくんと言えるようになったのも束の間、すぐに北山くんと呼ぶことに落ち着いた。

 

北山くんと呼びたくなったそのとき、わたしは初めてジャニーズ、そして男性アイドルとしての北山宏光を好きになったんだと思う。

 

わたしは元々女性アイドルのオタクだったし、その頃は「アイドルという存在そのものが好きだな、でもきっと男性アイドルを好きになることはないんだろうな」というスタンスだった。アイドル自体が好きだったから、ジャニーズにはとても好意的だったけれども。

 

一言に"アイドルが好き"と言っても、2種類あると思っている。好きになったタレントがたまたまアイドルだったパターンと、そもそもアイドルという職業の人が好きだというパターン。わたしは圧倒的な後者だ。女性アイドルには推しがいて、男性アイドルには担当がいるわけだけど、そのどちらもアイドルじゃなかったら好きになっていなかったと思う。我ながらあっさりしすぎているようにも感じるけど、それはひとつの完全な事実で。

 

1万円生活を見終わったときには確実に北山くんに"落ちていた"けれど、その時点でわたしの好きな北山くんは「かわいい北山くん」でしかなかった。

北山くんの好きなところはうなぎのぼりに増えていったけれど、好きになってから暫くは、彼に抱くすべての気持ちの終着点が「かわいい」だったように思う。今もそれに近いところはあるし、事実北山くんは圧倒カワイイんだけれども。

カワイイしか言えないゆえに「女性アイドルを見る目で北山くんを見ているのかもしれない」という気持ちと、あまりの熱の上がりように対する「わたしはずっと男性アイドルにハマるべき人間だったのかもしれない」という矛盾したふたつの気持ちの間で揺れ動いていた時期だった。他人からしたらすごくどうでもいいことで、どちらにせよ北山くんが好きだということは変わらない事実だったけれど。

 

今になって俯瞰からその時の自分を考えると、「女性アイドルを見る目で北山くんを見ていた」と思う。所詮女性アイドルしか好きになれない自分のままで北山くんに惚れていた。

 

北山くんに落ちたその日から、女性アイドルをあまり追わなくなってしまった。寝る前に毎日全員分確認していた推しグループのSNSも、毎週心待ちにしていたレギュラー番組も、気付けばあれから見ていない。そうは言っても相変わらずかわいい女の子たちが大好きだし、キスマイと同じ歌番組に出る彼女たちを見るたび、別の種類の魅力を届けてくれる2組が大好きだと感じる。全く違った魅力を感じるからこそどちらも見届けていきたいと思っている。

なのに追わなくなったのは、新しく踏み出したジャニーズというジャンルへの熱の強さに一時的に負けているのだ、と思っていた。勿論それも大きな理由のひとつだが、「女性アイドルにしかないと思っていた魅力を北山くんが存分に持っている」ことが1番大きいのかもしれない。

 

日記を見返したところ、初めてキスマイのMVを見たのは9月8日らしい。女性アイドルのオタクを数年やったなかで、結局顔とパフォが最強に好みじゃないと好きでいられないことは痛いほどわかっていたのに、そのわりにはMVに手を出すまで時間がかかったもんだな、と感じる。

きっと怖かったんだろう。バラエティで北山くんを好きになってしまったからには、ずっとバラエティの北山くんが1番好きなのかもしれないこと。わたしがアイドルを応援するうえで最も核になる部分のパフォが好きになれなかったらどうしようという不安。WANNA BEEEE!!!のMVを見たその瞬間に、そんなマイナスな気持ちを吹き飛ばしてくれるのが北山くんのパフォだった。大袈裟ではなく、ナンバーワンアイドルだと思った。好きの気持ちの先に安心があったのをぼんやり記憶している。

わなびーのMVで「アイドルとしての北山くんがほんとうに好きだ」と確認出来たとき、初めてすべてが腑に落ちた。ずっと探し求めていた、パズルの最後のピースがようやくハマったような感覚で"北山くんに対する''降参を認めたような気がしていた。でもあの日わたしが降参を認めたのは北山くんひとりではなく、その先には男性アイドルそのものが見据えられていたような気がする。

 

2016年最大の誤算は「北山くんに落ちて、結果的にキスマイを好きになってしまった」ことというより、「女性アイドル的な魅力の部分に惹かれて好きになった北山くんに、男性アイドルの魅力を最大限に提示されてしまったこと」なのかもしれない。

 

わたしのなかで「かわいい北山くん」でしかなかった1人のアイドルは、ただかわいいだけのアイドルなんかではなくて、それに気付くのに少し時間がかかりすぎてしまった。バラエティばかり見て深い穴に落ちたものだと思っていたけれど、そんなのは序の口でしかなくて、かっこいい姿を見せられたわたしはその時点で、後戻りをするという選択肢を奪われた。

 

「かわいい北山くん」「かっこいい北山くん」「エロい北山くん」「爆モテ感のすごい北山くん」同じ曲をやっても、毎回違ったパフォーマンスを提示してくれて、同じ表情を1度もすることがないように感じる北山くん。今のわたしは北山くんのそういうところがアイドルとして最高に好きだ。

そんなアイドルを知ったときに初めて、他のジャニーズアイドルを開拓したくなったように思う。とにかく色んなグループのコンサートDVDを見てみたい気持ちに駆られた。キスブサで北山くんに足を滑らせたわたしなのに、コンサートDVDから他のグループの魅力を探りたくて仕方なかった。

 

未来予想図を立てるのがあまり好きではない。冷たいように聞こえるかもしれないけれど明日、ましてや1年後にキスマイを好きな保証なんて何処にもないし、「きっと好きなんだろうなあ」と思うことで、そう思った過去の自分に縛られるのが嫌だ。毎日「やっぱり今日も好きだなあ」と思って生きていたい、未来に対して絶対という言葉をあまり使いたくない。

それでも、女性アイドルオタクのわたしに男性アイドルの魅力を教えてくれるのは後にも先にも北山くんしかいなかったと断言したくなる。好きになってから今までの過去(と言うには短すぎるのだが)、今この瞬間、そして好きかもしれないこれからの未来をすべてひっくるめて肯定してくれるような、北山くんのパフォーマンスにはそんな強さがあると思っている。

 

散々女性アイドルという言葉を使ったけれど、簡単に言うとわたしはHKT48のオタクをしている。48とジャニーズでは相容れない部分が沢山あることも重々承知していて、それでもそんな事実に悲しくなることも少なくない。(最近46好きなジャニオタが多い気がして嬉しいです、46は詳しくないんだけれど)

それでもわたしにとっての北山くんは、その2つの文化に架け橋をかけて新しい世界を見せてくれたアイドルだ。明日のわたしが北山くんを好きな保証なんてなくても、それでもずっとわたしのなかで特別なアイドルであり続けることには変わりがない。

 

 

少し気付くのに時間がかかりすぎたかもしれないけれど、3ヶ月半かかってようやく、女性アイドルのオタクが男性アイドルにこんなにあっさり落ちた理由がなんとなくわかった気がした。

それは北山宏光だったからだ。女性アイドルの魅力と男性アイドルの魅力、どちらをも兼ね備えていて、見たいものをすべて提示してくれるみっくんだったから。北山くんという道を通ってしか、わたしは新たな楽しい世界を見ることが出来なかった、と信じたい。北山くんはきっと、これからも沢山知らない世界を見せてくれる。

 

 

 

ジャニオタの方々がはてなブログをよく利用していることすら知らなかったけど、アウトプット欲に任せて勇敢にも、10月17日には北山くんに落ちて2ヶ月弱の備忘録を、殆ど未来の自分のために書き殴っていた。2ヶ月弱なんて中途半端だけど、適当に更新したら北山くんの誕生日からちょうど1ヶ月だったのでなんとなく気に入った。

半年弱くらいまではなんとなく続けようと思っていたし、4ヶ月弱の今も書くことは沢山ある。最近はOLくらぶをよく見ていて、北山くん横尾さんペアのお兄ちゃん組がトンデモ可愛いこととか。リリースがない代わりに色んな曲が聴けたのかもしれない音楽番組ラッシュがとても楽しくて、歌って踊る姿が相変わらず1番好きで、やっぱりアイドルが好きなんだという方向で、好きを更新してくれる北山くんへの感謝とか。

思ったよりずっと自分の収集癖が強くて、お金もないくせにISCREAM以外のアルバムを揃えてしまったこととかも相まって、備忘録はもういいかなと思えてきてしまった。そんなことを言っておいて、5ヶ月弱もふんわり書きたくなるのかもしれないし、17日という縛りも何処かへ飛んでいってしまったけど、とりあえずこれを4ヶ月弱の備忘録としたいと思う。