読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞祭組の新譜『道しるべ』買うとアイドルの合宿生活見れるらしいよ

 

『道しるべ』発売おめでとうございます!!!!!パチパチパチパチ

 

 

いやあ2017年で1番いい買い物でした。(ツッコミ待ち)

記事のタイトルがわざとらしいのは「いやあ〜別にキスマイとか舞祭組とか全然興味ないのに、たまたま見たらチョーよかったんだけど!(だからみんなも見て!)」感を醸し出したかったんです。(嘘つき)

アッでもキスマイや舞祭組に詳しくないのは事実なので優しい目でお願いします。

 

1月4日(水)に舞祭組が1年10ヵ月ぶりの新曲『道しるべ』を発売したわけですが、とりあえず初回限定盤Bを強く推していきたい所存です。

今回の新曲は作詞・作曲・ジャケ写・MV構成など、作品の根底から舞祭組本人によって手掛けられているわけですが、それらがゼロから作り上げられる過程を10日間の合宿生活という形で見られる最高のDVDが付いています。驚きの1時間半超え!「~タマタマキタ3人も合宿所でガヤガヤしちゃうよSP~」ということで3人も参加しちゃうよ!

カメラがあることを勿論メンバーは承知しているけれど、なんとなく向こう側に生活が透けて見えるような、アイドル4人の合宿生活。これはオタクみんな好きなやつ!これで1600円(+tax)!!!安いね!!!

 

というわけで興奮ポイントをつらつら書きます。終始興奮して被爆してたので、各メンバーのきゅん☆ポイントをその一部のみお送りしますが、ちょっと北山さんだけ長くなっちゃったかな☆(でしょうね)

 

 

まず千賀さんの才能がすごい(すごい)。わたしはかれこれ15年以上ピアノを弾き続けているけど作曲なんて出来ないし、というかやろうと思ったこともないのでただただ尊敬します。(おまえと比べるな案件)

「がんばってね」「ありがとね」そして「聴いてくれてありがとう」メンバーへの声かけがとても優しくて。愛情をめいっぱい受けて育ち、もらっただけの愛情を人に振りまける人なのかなと(それって超アイドル!)。この合宿で初めて洗濯機が回せるようになったという裏エピソードで母性が爆発したわたしは、千賀くんが沢山の人に愛されることを願っています。アーメン。(名古屋駅に向かって手を合わせながら)

 

宮田さんはずっと柔らかくて優しい笑顔をしていて、でも案外ハッキリと意見を言うのがとても印象的。言い方によっては嫌な感じになってしまいそうなことも、宮田さんが言うとなんの棘もなくて、こういう人がグループに1人いることでどれだけ救われるんだろう!!!

  【名詞】5日目の朝の宮田くん  【意味】ほんわかしたかわいさに心が爆発する様子

わたしの辞書に新たな名詞が追加されましたね。5日目の朝出の宮田担と噂される(?)横尾さんに全面的賛成です。女の子みたいなふわふわを纏ってしまったうえに、マシュマロのようなほわほわ感を兼ね備えていて、女性アイドルのすっぴんがめちゃくちゃ可愛かったときの気持ちになります(例えが下手かよ)。   

 

二階堂さんが構成を考えたMVに頭があがらないです。楽曲そのものが持つパワーを最大限に引き出していると思う。

そして何より「ぱにたん」を捻り出したことに最大級の賛辞を送りたい。4人は藤ヶ谷さん、北山さんの歌うぱにたんに「うまいひとが歌うとすごくいい」「ぱにたんがエロい言葉に聞こえてきた」(ニュアンス)とか言っていたけど、わたしは初めてこの曲を聴いたときから何故かずっと、彼ら4人が歌う「ぱにたん」というフレーズでどうしようもなく涙腺が緩みます。

 

丸メガネの横尾さんには心の奥底の触られたことのない部分をくすぐられる感覚があるので、横尾さんが海外に行ってしまったときは、本気で行かないでくれと思いました(小学生の作文)。言葉濁してみたけど要するに丸メガネ横尾さんは性癖。

わたしのなかで「キスマイで1番愉快なのは横尾渉説」を密かに打ち立てているんですけど、わたしの目に間違いはないような気がしてきました。わったーママと渉パパのどちらの姿も見られるんですけど、個人的にはガヤさんが来てもソファーに寝転がったまま(のちに走って迎えにいくけれど)の渉パパにどちゃくそ興奮しましたね。結婚しよ。

 

5日の朝の宮田くんに対する熱量しか伝わってないかもしれないけどめげない。タマキタガヤの話もしますね。

 

玉森さんは「顔がいいから許される」を地で行けそうな驚異の顔面と、とんでもない芸能人オーラゆえに、そこに玉森さんがいるならそこがステージなんですよ。聴こえる大歓声、煌々と光るスポットライト。(豊かな想像力)(意訳:バリかっこいい)あと合宿所にツイスター持ってくるの需要わかりすぎてて天才だと思う。玉森さんのそういった勘を全面的に信頼するオタクことわたし。

 

藤ヶ谷さんの歌声って甘くてトロトロしていて最高だよね(エロい意味だよ)。理不尽にゲームで負かされたのに「(ガイドボーカル)頑張らせていただきます」って言うガヤさんにンンンンンッてなりました。語彙力捨てた。宮田さんわかるよ、わたしも「ぱにたん」がエッチな言葉に聴こえてきたよ。

 

北山さんはめちゃくちゃキタミツ(伝われ)でわたしの毛穴全部が北山さんに恋するよね。北山さんを褒め倒したいときに使うフレーズ第4位が「うわ〜めちゃくちゃキタミツ」です(無意味な大文字)。

以前より叩いてかぶってジャンケンポンが明らかに上達している北山さん。「絶対叩いてかぶってジャンケンポンプライベートでやってるよ!」「習ってるよ!」という宮ニカ千に対して「どこで習うんだよ」とは言うけど「やってない」とは言わずあっあって笑う北山さんにトキメキが止まらねえんですよ。1番の興奮シーンです、アイツ絶対やってるぜ。自担がコソ練の鬼(DAISUKI)

北山さんが画面上にいるときはずっと脳内でむちゅ恋流れてるからね。なぜならMU-CHU-DE恋してるから!(爆)

 

雨の日にも風の日にも恋を振りまいてくれるアイドルこと北山さんの話がちょっと長くなりましたけど、それはもう許してほしいんですけど、宮田さんに抱っこされることになんの抵抗もしない北山さんの話もしたいんですけど、曲を聴いてすぐに提案が出てくる北山さんって天才だな(モンペ)とかも言いたいんですけど、これのなにがいいって「やっぱり北山さん好きだな」と同時に「舞祭組が好きだな」そして「キスマイが好きだな」というあたたかい気持ちになるんです。ほんわかあたたかくて、愛おしすぎて涙が出ちゃいそうになるアレです、アレ。

 

7人で鍋囲んでる光景に『ラブアンドピース』っていうタイトル付けて玄関に飾りたい。

なにかの縁で運命を共にすることとなった7人の男(※みんなかわいい)がひとつの鍋をつついているなんてそれはもうラブとピースを祈りたくもなるよね。落ちて半年経たないわたしをこういう気持ちにさせるのすごいね。なにを言っているのかよくわからないと思いますが、これがこの記事の要約です。ここまで読んで下さりありがとうございます。あと少し続きます。

 

 

なぜわたしが初回限定盤Bをオススメするかというと、合宿を見たら必ず初回A(ミュージックビデオ)が見たくなるからです。合宿見終わって気付いたときには、初回Aを見ていたなという、持ってなかったら買いに走ってたなという、そういう感じです。

 

MVに関しては、千賀さんのダンスがとても美しいこと等感想はたくさんあるのですが、割愛させていただきます。(こっちこそ合宿より書くべきなのでは)

 

でも1つだけ。わたしはプロ意識の高いアイドルが好きなのですが、そういった意味で二階堂さんの「自分はアイドルだという意識」を普段から過剰に信頼している節があります。

このMVの最後の二階堂さんの小ボケとガヤキタタマ(見ればわかります)を見て、このひとはずっとアイドルでいてくれるんだろうなと改めて思いました。どこでアイドル感じてんだよと自分でもちょっと思うんですけど、アイドル・二階堂高嗣への信頼感は高まるばかりです。

 

 

アイドルの多種売りをどう思おうが個人の自由なのですが、オタクとして揃えざるを得ないという感情ではなく、何回でも見たいと思える映像を提供してくれるという理由でCDを購入出来るのが素晴らしいです。(エイベたんありがと!)なんならボリュームに対してとても良心的な価格で、申し訳なくなるくらいです。(高くされたら困るけど)

 

楽曲そのものに関しても思うことや感じることは沢山あるんだけど、オタクとしてのめんどくさい部分が大放出されそうな気がするので、それはまた別の機会に書けたらいいな!!!!!

 

そんなわけで(どんなわけ)是非舞祭組の『道しるべ』チェケラ!!!!!相変わらず締めが雑!!!!!