2016年の夏に北山宏光に撃ち落とされたはなし

 

ヤバい。疲れた。普段録画に溜まりっぱなし(ごにょごにょ)のキスブサを珍しくリアタイで見たら楽しかった。2週間経った今もまだシリアル動画のにかみつを見るとフレッシュに胸が痛いのも疲れた、シリアル動画で負った傷がようやく治りそうという頃に傷口に塩(カレンダー)塗りこまれてヒリヒリするような致命傷と化したし、なにってもう二階堂さんの隣にいる北山さんが好きで、北山さんの隣にいる二階堂さんが好きで、という至ってシンプルな事案を拗らせていて、にかみつに翻弄されるだけの3月だったなみたいな、いや3月はまだ半分も終わってないっつーか、なんなら今日ホワイトデーだけどねみたいな感じでまあとにかくしんどい

 

なにがどうしたのかお菓子作りの回でめちゃくちゃに興奮してしまい、だってなんかリアタイのほうが北山くんかわいいし(んなこたあない)、来週のブサイク映像大放出!も楽しそうだななんて思っていたら、キスブサ落ちの血が滾りまして。

わたしは過去に投稿した記事をバンバン消しちゃうので、4分の1くらいしか残ってないんですけど、改めてわたしがキスマイに落ちたときの話を残しておきたい気分に襲われたのではてなブログを開きました。なんだかんだ言ってもあっという間に落ちてから半年が経過したので、わたしと北山さんの出会い♡に関してはきっと心の中でどんどん美化されて、運命チックになっているかもしれない。鍵をかけずに財布と携帯だけ持って散歩してみたら、おうちに帰れなくなったみたいな話(わからん)です。過去記事の焼き直しみたいなものです!

 

 

きっかけ

最初は暇すぎる夏休みの時間潰しとして過去のキスブサを見始めたことから。多くの人が落ちたであろう沼の上を悠々と歩き、華麗に落ちました、というか急に地面に穴が開いてわたしは驚いた。恥ずかしながらそれまでキスブサを見たことがなかったのだけれど、Twitterでよく回ってくる"舞祭組の軌跡"が涙が出るほど面白かったことを思い出して、あの番組なら時間を潰せるかも!と。

ちなみにそれ以前に顔と名前が一致していたのは藤ヶ谷さんだけだし、あとは傘投げるヤバいひとがいるなとか、生首女装のCM(しはは)とか、キスブサの宮田がヤバいらしいとか、ほんとうにその程度の認識。

 

案の定キスブサはそれはもう面白くて、次から次へと見ていったらあっという間に1日が終わり。名前がドーンと出たあとに1分ほどそのメンバーのVTRが流れ、各々のキャラクター性も見えるという、アイドルとしては最高のプレゼン番組だと思っているんですけど、やっぱり半日も見れば顔と名前も覚え、好みも自分のなかで確立してくるんですよ。

1日の終わりにTwitterで「1日キスブサ見てた!北山さんがすき!」みたいなことを呟いている自分がいました。びっくりしました。1日見てなんの感情も抱かなかったはずなのに、脳より先に手が走っていて。

これはあくまで後付けですが、キスブサの順位ってある程度妥当だと思っているのに「え?なんでこれが下位なの?」という気持ちを抱くことが北山さんに対して多くて、それがドカンと来たのかなと。要するにチャラいのが好きなんだと思うし、よくよく見たら顔が優勝していて、なんでこんなにもかわいくてかっこいい顔に半日以上気付けなかったのかと。

あんまり言いたくないんですけど(言うけど)、キスブサで1番「ダメだこれわたし北山さんのこと好きだ」と思ったのは、看病中に水を口移しで飲ませるヤツです!爆 わたしは口移しで水飲ませる看病出のオタクですよろしくお願いします。

ちなみにこれがシャララのリリース日です、運命かな〜ハア〜ドッコイショ!!!

 

 

足を踏み外した一万円生活

なにはともあれそう思い始めたらそれはもうボディーブローのようにじわじわと効いてきて、いてもたってもいられず、ほぼ無意識下でTwitterの検索欄に北山宏光と打ち込んでいる自分がいました。どうやら一万円生活が凄いらしい。文明ありがとう!

というわけでネットを駆使して一万円生活を見始めたら、北山宏光というアイドルに関するものすべてがかわいくて寝られなくなりました。地に叩き落とされるとはこのことかと。目からきゅるきゅると音がするし、喋り方、目線、表情とすべてが最強アイドル極まりなくて、人の懐に入るのがうまそうなところが嫌い(羨)で好きで、なによりお顔がかわいすぎて悔しくて、沼の深さの片鱗を見てしまったからちょっと怖くて。北山さんがみんなに「ミツ」と呼ばれていることすら尊く思えて仕方なくて。

北山さんが「俺のこと好きでしょ?」って聞いてくるから「もちろん好きです」(妄言)みたいな、でもわたしは至って能天気で、沼あるからゴーグル買ってこよ!(ゴボゴボ)という気分でした。

 

 

自制心の崩壊

既に動画を見漁り、新聞配達の音に焦って寝る毎日だったので、自制心、というより生活はとっくに崩壊していたんだけど、ここにおいて自制心の崩壊とはキスマイにお金を使い出すことを意味するものとするので、、、、

WANNA BEEEE!!!のMVで陥落しました。バラエティで見ていた北山さんはそれはもう魅力のオンパレードだったけれど、歌って踊る姿が好きじゃないと完全には落ちないのは女性アイドルオタクをやってきた経験則でわかっていたので、なんとなく好きになれなかったらどうしようと見るのが怖かったんだろうな。

というか本当は、目からきゅるきゅる音をさせているみっくんがキラリと鋭い視線を光らせることを知るのが、かわいくて堪らなくて手のなかでギュッとしたくなるようなみっくんが、手のなかになんか決しておさまるわけのない爆発的なかっこよさを放つ北山さんに化けることを知るのが怖かったのかもしれない。

そんなこと感覚的にはなんとなく気付いていたのだけど、それを実際に目にしてからは早かった。とにかくこのひとのパフォーマンスには1秒の無駄も存在しないのだと思ったし、顔の角度から指先に至るまでのすべてがどうしようもなく好みで魅入ってしまって、惚れ込んでしまって、気付いたらKIS-MY-WORLD(アルバム)が家にあった(初めてのキスマイ課金)。

そして人知れず北山さんの誕生日お祝いした。えっ31なの!?かわいすぎる(意味:かわいいが過ぎる)!!!

 

 

それから

このあたりで「わたしがジャニーズ好きなの?」という自制心も華麗に失い、気持ちの暴走に任せるまま突っ走って半年とちょっとが経ちました。北山さんに落ちた話をすると、仲の良い友達には決まって「いかにも!」と言われるし、なんなら「最近わたしキスマイにハマ「北山さん?」」みたいなことも少なくないので、落ちるべくして落ちたんだと謎の納得をしています。

初めてテレビで録画して見た回で北山くんが1位をとっていて堪らなく嬉しかったキスブサ、過去を漁るのもいいけどアイドルはやっぱり今だなと思ったハロウィン音楽祭、好きすぎて見られなくなったインド旅、忙しすぎて情緒不安定になり北山さんのソロ曲FORMを聴いてガン泣きして自分にドン引いた11月、もしかしたら自担ってこういうことなのかな?と自担の概念をわかりかけたFNS、初めてリアルタイムで経験するキスマイのリリース『INTER』、、、等々。

アルバムを買い揃え、シングルも着々と集め、ファンクラブに入り、会員証で友達とひとしきり笑い、雑誌やカレンダーを買い、ジャニーズwebに課金し、とやれることやっとけ!幸せだから実質タダ!みたいな精神で楽しく過ごしています。

1番果てしない衝撃を受けたのは、コンサートDVD(Kis-My-Journey)かな。アイドルには多面性や様々なジャンルでの活躍を求めてしまうんだけど、バラエティでかわいいかわいいだったキスマイが、7人7様に最強アイドルをしていて、キスマイを好きになってよかった、と思うと同時に、好きという気持ちへの抵抗を諦めたなあ。FIRE!!なんかもう、世の中にはここまで狂おしいほどかっこいいパフォーマンスがあったのかと圧倒されて、世界は広いな!という地球規模の気持ちになったし、久しぶりに心の奥がジンジンと痺れました。

 

 

「いつかジャニーズのコンサートに行ってみたい」とは興味本位で思っていたけれど、まさかファンクラブに入って自分自身で応募する日が来るとは夢にも思っていませんでした。

過去の動画を見漁ることに精を出していた最初の1ヶ月は、今が1番楽しかったらどうしよう、という要らぬ心配をしていたけれど、日々楽しい!幸せ!好き!を更新し続けていて、時には拗らせたりもしながらゆるゆるオタクをやらせてもらってます。

 

 

これに尽きるかもしれない。「常に新しい顔を見せてくれるじゃないかな」と好きになった北山さんのことを、アイドルとしてとってもとっても好きだし、まあいろいろ言ってみるけど結局かっこいいから好きです〜!ツアー当たりますように!トウラクコワイ!!!